2018年1月9日火曜日

2018年新年の聖句



「いつも感謝していなさい。」
コロサイの信徒への手紙 3章15節


 新年あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今月の聖書は、聖パウロが書いた手紙です。聖パウロは、最初、キリスト教徒を迫害していましたが、キリスト教徒に改宗し、イエス・キリストの教えを伝えました。この聖書の言葉は、コロサイという町にいた信徒たちに宛てて書かれた手紙です。聖パウロは、「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。そして、いつも感謝していなさい。」と人々を諭しました。私たちも今年1年の目標として、相手を思いやり、感謝する心を忘れないように努力いたしましょう。

 さて、昨年のクリスマスイブの夕方5時のミサに参加してくださった子どもたちと保護者の皆様方、主イエス・キリストのご降誕を共にお祝いしていただき、ありがとうございました。もしも、興味がございましたら、日曜日のミサにもお越しください。

 ところで、3学期は最も短い学期ですが、幾つかの行事が予定されています。子どもたちにとっては、小学校への進学や幼稚園での進級に向けて準備を行なう、とても大事な学期です。子どもたちが、色々な行事に興味を持って参加し、更なる成長を遂げ、進学・進級の準備が出来るよう、教職員一同努力したいと思います。

 保護者の皆様方のご協力をお願いいたします。

 最後になりましたが、今年1年の皆様方のご健康とご多幸をお祈りいたします。

2017年12月18日月曜日

2018年1月のスケジュール



1 月 休園 元旦
2 火 休園
3 水 休園
4 木 休園
5 金 休園
6 土 休園
7  休園
8 月 休園 成人の日
9 火 3学期始業式 11時降園
10 水 発育測定 安全指導
11 木 写真展示(講堂)
12 金 給食
13 土 お餅つき・お正月遊び
14  休園
15 月 休園 お餅つき代休
16 火 
17 水 
18 木 
19 金 給食
20 土 休園
21  休園 聖アグネスの記念日
22 月 誕生会
23 火 てんしぐみ 未就園児園庭開放 AM10:30~11:30
24 水 教職員と保護者の集い 11時降園 早朝のみ㋐あり
25 木 避難訓練・宗教講話12時30分~ 写真展示(講堂)
26 金 給食
27 土 休園 在園児のための園庭開放 10時~12時
28  休園
29 月 
30 火 
31 水 観劇会 来年度購読絵本展示 2月号絵本持ち帰り


ねらい
年長
イエスさまの新しい掟を知る。
「互いに愛し合いなさい。」
ヨハネによる福音書13章34節
・自分で考えて行動し、見通しをもって過ごす心地よさを感じる。
・自分たちで遊びを考えたり、友だちとルールのある遊びを楽しんだりする。
・雪や氷、霜柱など冬の自然に興味や関心を持ち、友だちと試したり、考えたりして遊ぶ。

年中
旧約聖書の物語(サムエル・ダビデ)を通して神さまを知る。
サムエル記上3章10節
・寒さに負けず、園生活を元気に過ごす。
・正月遊びやルールのある遊びを友だちと一緒に楽しむ。
・自分の思いを伝え合いながら、友だちと遊ぶ楽しさを味わう。
・冬の自然に興味や関心を持ち、遊びに取り入れて楽しむ。

年少
家族や友だちなど、周りの人たちのためにも祈る。
・冬の生活の仕方がわかり、身支度・手洗い・うがいなど自分でしようとする。
・寒さに負けず、戸外で元気よく遊ぶ。
・正月遊びを教師や友だちと一緒に楽しむ。
・友だちを遊びに誘い、自分の思いを伝えながら、一緒に遊ぶことを楽しむ。
・冬の自然の霜柱・雪・氷・風・吐く息などを楽しむ。

2018年1月の聖句



 子どもたちの成長を実感したクリスマス会

 いよいよ、主のご降誕をお祝いする、クリスマスが近づいて来ました。今年は、24日のクリスマスイブは、日曜日ですが、午後5時と7時からクリスマスイブのミサがあります。まだ、ミサに参加なさった事がない保護者の皆様、ご家族お揃いで、お越しください。なお、24日の午後5時は、私がミサの司式をします。

 ところで、幼稚園では、今年も9日の土曜日に、クリスマス会を行ない、それぞれの学年が、少し早いイエス様の誕生日をお祝いしました。毎年の事ですが、聖書を題材として、年少組は、「せかいのはじまり」、年中組は、「ノアの箱船」、年長組は、イエス様の誕生をお祝いする「聖劇」を演じました。それぞれの学年で、先生たちと一緒に毎日、練習に励みました。私も、スポットライトを当てる役として練習に参加しました。練習中は、台詞を忘れたり、踊りを間違ったりした子どももいましたが、本番では、全ての子どもたちが、一番素晴らしい演技を見せてくれました。今年も、子どもたちの頑張りに胸が熱くなり、言葉が出ませんでした。保護者の皆様は、いかがだったでしょうか。クリスマス会は、私にとって、子どもたちの成長を実感する良い機会となりました。そして、子どもたちにとっては、イエス様に素敵なプレゼントをお捧げすることが出来た貴重な時間になったと思います。

 さて、長かった2学期も終わります。今年1年、無事に過ごすことが出来たのも、母の会の役員の皆様、クラス委員の皆様、そして、保護者の皆様とご家族の皆様のご協力のお陰です。本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 明日から、冬休みが始まります。ご家族で、楽しいクリスマスと新年をお迎えください。

 新しい年が、子どもたちと保護者の皆様にとって、希望に満ち溢れた年となりますよう、神様の祝福をお祈り申し上げます。

2017年12月15日金曜日

おみそ汁作り(年中組)



12月14日(水)、おみそ汁作り(年中組)を行いました。

今回は年中組が園内で育ててきたベビーリーフ・小松菜・大根・かぶ・もち菜などを使いました。


子どもたちは、手分けして収穫した野菜をすべて、細かく切りました。
少し緊張した表情で包丁をもつ子どもたちが、印象的でした。がんばっていましたね!



苦労して調理した後は、もちろんみんなでおいしく頂きます。

自分たちが切った野菜が、おみそ汁になって保育室に帰ってくると、子どもたちが確認しにきました。自分たちが調理した特別なおみそ汁ですから、気になりますよね。


おいしそうなおみそ汁!
お椀の中で浮いている緑のものは、ワカメではなく、子どもたちが切った野菜です。
上手に切れていますね。


さて、気になるお味は?



子どもたちの表情からもわかる通り、今回のおみそ汁作りは大成功!
何杯もおかわりをする子がいるほど、おいしく出来ました。


幼稚園ではこれからも、子どもたちの中で食育への関心が高まるよう、継続的にクッキングを行っていきたいと思っています。
お家でも是非チャレンジしてみてくださいね!

2017年12月14日木曜日

クリスマス祝会


12月13日(水)、クリスマス祝会を行いました。


今年も幼稚園の子どもたちのために、サンタさんが来てくれました。
園児たちが先生と一緒に、お部屋で「あわてんぼうのサンタクロース」の歌を歌っていると、本当にサンタさんが「メリークリスマス!」と挨拶をしながら、保育室に入ってきました。


突然の出来事にちょっとビックリしていた年少組。
プレゼントを1人ずつ貰う時も、とっても嬉しそうにする子もいれば、おそるおそるサンタさんに近づいてくる子もいました。


年中組・年長組では、サンタさんへの質問コーナーもありました。
「サンタさんはどこに住んでいるの?」「サンタさんの好きな食べ物は何?」など、子どもたちの質問1つ1つに、サンタさんは丁寧に応えてくれました。


みんなが大好きなサンタさんとの記念の1枚。また来年も会えるといいですね!

2017年12月13日水曜日

クリスマス礼拝・クリスマスバザー



12月12日(火)、クリスマス礼拝とクリスマスバザーを行いました。


9日(土)にクリスマス会を終えた子どもたちは、保護者の皆様と一緒に聖堂に集まり、イエスさまのお誕生をお祝いし、クリスマス礼拝を行いました。


この日まで、園児たちは自宅で約4週間、少しずつお金を貯めてきました。小さなお手伝いをしたり、何かを少し我慢したりして子どもたちが貯めたお金は、礼拝の中で神さまにお捧げし、世界中の困っている人たちのために使われます。


共同祈願では、礼拝に参加した園児・保護者・教職員の皆で心を合わせ、恵まれた環境でクリスマスの喜びを迎えることができることに感謝すると共に、世界中の子どもたちのため、ロヒンギャ難民のため、貧しい子どもたちのためにもお祈りを捧げました。


式の最後には、母の会のコーラス同好会〝マドンナ〟さんによる合唱がありました。
バラエティに富んだ3曲を披露して頂きましたが、どの曲も素晴らしく、聖堂に響き渡るクリスマスのメロディーを、参加者皆で楽しみました。




そして、礼拝終了後には年長組が、降園前には、年少組・年中組が親子でクリスマスグッズを購入しました。


クリスマスバザーでは、子どもたちがこの日のために制作したクリスマスグッズが商品となり、年長児が店員さんになって販売しました。


このバザーの売上は、クリスマス礼拝時の献金と合わせて、ロヒンギャ難民のために使われます。たくさんの商品を作り、販売してくれた年長組の皆さんはもちろん、購入してくださった皆様、ご協力ありがとうございました。

2017年12月12日火曜日

クリスマス会



12月9日(土)、クリスマス会を行いました。


毎年恒例のクリスマス会。聖母の騎士幼稚園では、イエスさまの誕生をお祝いするクリスマスに、園児たちから神さまへのプレゼントとして、学年ごとにお遊戯・オペレッタ・聖劇を行います。


舞台袖で出番を待つ子どもたち。少し不安そうな表情も見えますが、綺麗に座って待っていますね。


園児たちは、この日のために約1ヶ月間、毎日練習を積み重ねてきました。本番では、会場一杯の保護者の皆様に見ていただいて、嬉しそうに踊っている子もいれば、緊張してしまっている子もいましたが、すべての子どもたちが今持っている力を出し切って、神様への素晴らしいプレゼントとすることができました。

年少組 お遊戯「せかいのはじまり」

年中組 オペレッタ「ノアのはこぶね」

年長組 聖劇

子どもたちのがんばりを、神様はきっと喜んでくださっていると思います。
園児の皆さん、とっても上手でしたよ!