2016年11月29日火曜日

2016年12月のスケジュール



1木 宗教講話 12時30分~(ホール) 安全指導
2金 2学期一斉給食最終日
3土 休園
4日 休園 
5月 アドベント④ 誕生会  希望給食有り
6火 ミニクリスマス会(長)
7水 ミニクリスマス会(中) 給食集金(~9日)
8木 ミニクリスマス会(少)  無原罪の聖マリアの祭日 
9金 クリスマス会準備 11時30分降園 早朝のみ㋐あり
10土 クリスマス会
11日 休園
12月 休園 クリスマス会代休
13火 クリスマス礼拝・愛の献金 クリスマスバザー
14水 クリスマス祝会
15木 2学期弁当最終日 
16金 2学期終業式 10時40分降園(少・中) 1月絵本
17土 休園 冬期休暇はじまり
18日 休園
19月 9時~16時まで
20火     〃
21水     〃
22木     〃
23金 休園 天皇誕生日
24土 休園 クリスマス・イブ
25日 休園 クリスマス
26月 9時~16時まで
27火     〃
28水 休園
29木 休園
30金 休園
31土 休園 大晦日

ねらい
年長  
イエスさまのお誕生を喜び、心からお祝いする。
世界の苦しんでいるお友だちのために祈る。
・友だちとやりたいことを相談し、一緒に遊びを進める。
・戸外で体を動かし、自分たちで決めたルールのある遊びを楽しむ。
・冬の自然の変化や年末の出来事に興味や関心を持ち、遊びや生活に取り入れて楽しむ。

年中 
クリスマスの意味を知り、イエスさまのお誕生を祝う。
・戸外で体を動かし、友だちと関わって遊ぶ楽しさを味わう。
・見たことや感じたこと、思ったことを自分なりに表現して楽しむ。
・身近な自然や生活の変化に気づき、冬の訪れに興味や関心を持つ。

年少
クリスマスはイエスさまのお誕生を祝う日であることを知る。
・冬の生活の仕方を知り、身支度・手洗い・うがいなど自分でしようとする。
・イメージを楽しみ、友だちと見たてたり、なりきったりしながら、遊ぶことを楽しむ。
・見たり聞いたりしたこと、感じたこと、思ったことなどを表現して楽しむ。
・みんなと一緒に遊ぶ中で、体を動かして遊ぶ楽しさを感じる。
・身近な冬の自然にふれる。

2016年12月の聖句



「さあ、ベツレヘムへ行こう。」 

ルカによる福音書 2章 15節


園長 永尾 稔


カトリック教会では、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマス前の4週間を待降節と呼んでいます。今年は、11月27日の日曜日から待降節が始まります。教会の中の祭壇の前に日曜日ごとにローソクが1本ずつともされ、4本目がともされた日曜日の後の25日にイエス・キリストのご降誕をお祝いする、クリスマスがやって来ます。
さて、幼稚園では、11月17日から少し早い待降節が始まりました。子どもたちは、各学年の劇の役をみんなで決め、12月10日のクリスマス会に向けて、毎日、練習に励んでいます。子どもたちには、「クリスマス会は、イエス様にお誕生日の贈り物をする日であり、どの役も大切なんだよ」と教えています。保護者の皆様には、趣旨をご理解いただき、お子様に励ましの言葉を掛けてくださるよう、ご協力をお願いいたします。
ところで、23日のバザーは、少し肌寒い一日でしたが、天候にも恵まれ、沢山のお客様にご来場いただき、盛況のうちに終わることが出来ました。私は、綿あめを300本程作りました。長い列が出来て待たせてしまいましたが、子どもたちは満面の笑みで、おいしそうに食べていました。喜んでいる子どもたちを見て、私も嬉しくなりました。
 バザーに関しましては、母の会の六役の皆様方・クラス委員の皆様方をはじめ、お母様方には、長い準備期間、そして、当日のお手伝いや片付けまで、大変ご協力いただきました。本当に、ありがとうございました。また、片付けやお子様の世話等、色々な形でご協力いただきました、お父様方やご家族の皆様方にも、心より感謝申し上げます。
 これからは、子どもたちが楽しみながら、クリスマス会に向けてより良い準備が出来るよう、教職員一同、頑張りたいと思います。
 保護者の皆様方の益々のご協力をお願いいたします。

2016年10月28日金曜日

2016年11月のスケジュール



1火 休園 願書受付 入園面接
2水 スイートポテト作り 持ってくるもの:エプロン・マスク・三角巾 安全指導 
3木 休園 文化の日
4金 給食 移動動物園 (雨天時は12月15日に延期) 園庭開放なし
5土 休園
6日 休園 
7月 お芋焼き
8火 餃子パーティー
9水 発育測定
10木 すいとんパーティー 避難訓練 宗教講話12時30分~(ホール)
11金 給食 クリスマス会講堂練習始まり 衣装持ち帰り バザー券の持ち帰り
12土 休園
13 休園
14月 七五三のお祝い 赤羽岩淵中学校職場体験(~18日まで)
15火 第6回てんしぐみ(ホール)
16水 
17木 アドベント 写真展示(講堂)
18金 給食 クリスマス会衣装合わせ(衣装を揃えて持ってくる)
19土 休園
20 休園
21月 アドベント
22火 バザー準備日 11時30分降園  早朝のみ
23水 母の会バザー 勤労感謝の日
24木 休園 バザー代休
25金 給食
26土 休園
27 休園
28月 アドベント 誕生会
29火 クリスマス会写真撮影
30水 保護者会(講堂:9時30分~) 12月絵本持ち帰り

ねらい
年長  
イエスさまの隣人愛の教えを知る。
「あなたも行って同じようにしなさい。」ルカ10:37
・友だちと一緒に共通の目的に向かって、考えを出し合い、遊びを作り上げていく楽しさを味わう。
・友だちと一緒に体を動かして、ルールのある遊びを楽しむ。
・秋から冬への季節の変化に関心を持ち、自分から関わる。

年中 
モーセの物語を通して、神さまを知る。
「行け、モーセ。私の民、イスラエルをエジプトから救い出すのだ。」 出エジプト記3:10
・いろいろな素材に興味を持って関わり、自分なりに表現する楽しさを味わう。
・遊びや生活の場で、友だちとの関わりを広げていく。
・秋の自然にふれ、冬への季節の移り変わりに興味や関心を持つ。

年少
神さまや周りの人に感謝する心を持つ。 
・簡単なルールのある遊びを教師や友だちと楽しむ。
・自分の思いを描いたり作ったりして、表現することを楽しむ。
・身の回りのことを自分から行い、できたことを喜ぶ。
・身近な秋の自然にふれる中で、いろいろな発見を喜ぶ。

2016年11月の聖句



「愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてください。」 

エフェソの信徒への手紙 3章17節


園長 永尾 稔


カトリック教会では、毎年、11月を「死者の月」として大切にしています。この月は、家族でお墓参りをしたり、教会で追悼のミサを捧げ、故人を偲びます。イエス・キリストは、ご自分の十字架上での死と復活を通して、私たち人間が、死んだ後に、天国に帰ることを教えてくださいました。キリスト教は、死後の世界を信じています。私たちもイエス・キリストの愛の教えを実践しながら、亡くなった人たちのために祈り、今、生きている全ての人たちのために、天国の聖人たちの助けを願いましょう。
 さて、今年も幼稚園の大切な行事の1つである運動会が、行なわれました。雨のために1日延期しましたが、運動会当日は、年長組は力強く、さらに、最高学年としての働きをしてくれました。また、年中組は懸命に、年少組は愛らしく、各学年が、それぞれの力を存分に発揮し、素晴らしい運動会になったと思います。保護者の皆様から見て、子どもたちの頑張りはいかがだったでしょうか?  ミニ運動会と当日のお手伝いをしてくださった運動会係の皆様、前日準備や当日の応援、そして、後片付けをしてくださった保護者の皆様のご協力に、心から感謝いたします。
 11月に入りますと、バザーがあり、幼稚園にとって最も大切な行事である、クリスマス会の練習が始まります。最初に、配役決めがあります。子どもたちが、自分で役を決めます。どの役も無くてはならない大切な役です。子どもたちが立派に演じることが出来るよう、ご家庭と幼稚園とでしっかりサポートしたいと思います。
 最後になりましたが、保護者の皆様には、バザーの準備と当日のご協力をお願いいたします。

2016年9月28日水曜日

2016年10月のスケジュール



1 土 休園 都民の日 聖テレジアの記念日
2  休園 守護の天使の記念日    
3 月 赤い羽根の共同募金  園服移行期間(~14日) 安全指導
4 火 赤い羽根の共同募金 聖フランシスコの祭日 園庭開放なし 
5 水 ミニ運動会 おいも掘り集金(~7日) ・おいも袋〆切
6 木 ミニ運動会予備日
7 金 運動会準備日 11時30分降園  預かり保育(早朝のみ) 園庭開放なし
8 土 休園
9  運動会 体操服(半袖・半ズボン)・白ソックス・カラー帽子を着用して登園
10 月 休園  運動会予備日 体育の日
11 火 休園  運動会代休 
12 水 母の会バザー品収集日(登園時:講堂)
13 木 母の会バザー品収集日(登園時:講堂) 写真展示(講堂)
14 金 給食 運動会で使用したはちまき・たすきの返却日(年中・年長組)
15 土 休園  入園願書配布 9時~15時まで
16  休園 創立記念日(65周年)
17 月 衣替え(冬園服・冬園帽子着用)
18 火 おいも掘り遠足 母の会バザー準備 預かり保育(午後のみ) 
19 水 
20 木  
21 金 給食
22 土 休園
23  休園 
24 月 ハロウィンのお楽しみ(降園後、撮影可)
25 火 第5回てんしぐみ(ホール) 
26 水 
27 木 
28 金 給食
29 土 休園 
30  休園
31 月 誕生会 写真展示(講堂) 園庭開放なし 11月絵本持ち帰り

ねらい
年長  
10月はロザリオの月であることを知り、ロザリオを使って祈りを必要としている人のために祈る。
・体を十分に動かして、友だちと一緒に競い合ったり、応援したりして、楽しむ。
・友だちと思いや考えを伝え合いながら、目的を持って 一緒に遊ぶ。
・秋の自然の中で、収穫の喜びを味わったり、遊びに取り入れたりる。

年中 
10月はロザリオの月であることを知り、マリア様に祈る。
・思いきり体を動かして、遊ぶことを楽しむ。

・いろいろな遊びに興味を持ち、友だちとイメージを伝え合いながら、一緒に遊ぶ楽しさを味わう。 

年少

10月はロザリオの月であることを知る。 アヴェ・マリアの祈りを覚える。 
・身の回りのことを自分でしようとする。 
・戸外で十分に体を動かして遊ぶ気持ちよさを感じる。 
・自分の思いを言葉や動きで表現する。 

・身近な秋の自然に触れ、親しむ。 

2016年10月の聖句



「人を裁くな。」  

マタイによる福音書 7章 1節


園長 永尾 稔


この聖書の箇所には、続きがあります。「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。」つまりは、イエス・キリストは、私たち自身が行った、良い行為または悪い行為の結果として、報いを受けると言っておられます。他人の悪いところばかりを見て批判する人がいますが、残念ながら自分の悪いところは気が付きません。私たちも、他人を批判する前に、先ず、自分自身の弱さや欠点を探し、正すようにしましょう。
 ところで、8月から9月にかけて台風が日本に上陸し、各地で、記録的な大雨をもたらし、甚大な被害を与えました。今も、不安定な天候が続いています。これからも、台風や雨が心配ですが、晴天の秋空が続くことを願っています。
  さて、間もなく運動会が開催されます。毎年のことですが、雨の日はホールで、晴れて暑い日でも園庭で、元気一杯、練習に励んでいる子どもたちの姿を見る度に、逞しさと成長を感じます。疲れのために、「走りたくない、練習したくない」と、言う子どももいますが、無理のない程度で練習しています。毎年のことですが、本番当日には、精一杯力を出し切ってくれると信じています。
 保護者の皆様にお願いですが、運動会当日、もしかしたら、演技や競技が上手く出来ない子どもたちがいるかも知れませんが、子どもたちの頑張りに、暖かい声援と精一杯の拍手を送ってくださいますようお願いいたします。また、ミニ運動会や運動会当日、お手伝いくださる係の皆様、どうぞ、よろしくお願いいたします。

2016年8月29日月曜日

2016年9月のスケジュール



1木 始業式 11時降園 
2金   給食 運動会終了まで、朝体操への参加はお控えください。 安全指導
3土 休園
4日 休園 
5月 引き渡し訓練 13時(メール配信) ㋐は早朝保育のみ 絵本集金(~7日)
6火 てんしぐみ(講堂) 未 ダイエー敬老の日の絵画〆切 
7水 発育測定  
8木 写真展示(講堂) 
9金 給食 運動会優先席申込み〆切・手提げ袋・衣装の〆切
10土 休園
11日 休園
12月  
13火  
14水 
15木 
16金 給食
17土 休園 
18日 休園
19月 休園 敬老の日 
20火 
21水 
22木 休園 秋分の日
23金 給食
24土 休園 来年度入園説明会 10時~(ホール)  
          在園児の園庭開放 13時~14時30分まで 
25日 休園
26月 誕生会  
27火  
28水 
29木 宗教講話12時30分~(ホール)
30金 給食 10月絵本持ち帰り

ねらい
年長  
イエスさまの教えとたとえ話について知る。
「こう祈りなさい。天におられる私たちの父よ」マタイ6の9
・戸外で十分に身体を動かし、いろいろな遊びを進める。
・共通の目的に向かって意欲的に取り組み、友だちと 協力して、やり遂げる喜びを味わう。
・秋の訪れを感じ、身近な自然の変化に気づき、興味や関心を持つ。

年中 

旧約聖書の物語(アブラハム、イサク、ヤコブ)を通して、神さまを知る。
「父の家をでて、わたしがいう土地に向かって出発しなさい。」創世記12の1
・戸外で思いきり身体を動かして遊ぶ。
・友だちと関わって遊ぶことを楽しむ。
・初秋の自然に興味や関心を持つ。

年少
日常生活の中で神さまを身近に感じる。
・イエスさまが教えてくださった「主の祈り」を覚える。
・園生活のリズムを取り戻し、安心して過ごす。
・戸外で身体を動かす心地よさを感じ、のびのびと遊ぶ ことを楽しむ。
・先生や友だちと一緒に動くことを楽しむ。
・身近な秋の自然に親しむ。