2018年4月27日金曜日

2018年5月の節句



「人の子は、仕えられるためでなく、仕えるために来た。」
マルコによる福音書 10章 45節



 イエス・キリストは、聖書の中で、「私は、人に仕えられるためではなく、人に仕えるために来た。」と、言っています。私たち弱い人間は、他人よりも偉くなりたい、他人から認められたい、良く思われたいと考えているのではないでしょうか。でも、イエス・キリストは、弟子たちに、仕える人になりなさいと言われました。キリスト教の教えは、隣人愛であり、自分は「偉い人間だ」と傲慢になるのではなく、人に仕え、人を愛せることが、大切だと教えます。保護者の皆様も、ご家族は勿論ですが、全ての人を愛せるように努力いたしましょう。
 さて、幼稚園が始まって、1ヶ月が過ぎようとしています。子どもたちもすっかり慣れたように見受けられます。今年度の年少組の子どもたちは、例年よりも泣いている子どもが少ないような気がします。子どもたちは、毎日、広い園庭を元気いっぱい走り回っています。年少組の子どもたちも通常保育になり、毎日、お弁当を楽しみにしています。子どもたちは、保育時間も長くなり、疲れを感じる頃ですが、幼稚園では、子どもたちの様子を見ながら保育を行います。ご家庭でも、朝、子どもたちの体調を確認してください。体調のすぐれない子どもに関しては、ご家庭に連絡いたしますので、連絡が取れるようにしてください。段々と暑くなり、汗をかくことが多くなってまいりますので、こまめに着替えが出来るように、予備の夏用の衣類の準備をお願いいたします。
 4月末と5月の初めは、連休になります。毎年、連休明けに登園を嫌がる子どもたちがいますが、安心して登園してください。教職員一同、お子様の受け入れの準備をして、待っています
 ご家族で、楽しい連休をお過ごしください。